森田療法 (講談社現代新書) 表紙
整理番号 2
書名 森田療法 (講談社現代新書)
著者名 岩井寛著
出版者 講談社
出版年 1986
ページ数 204p
大きさ 18cm
注記
定価 \530
抄録 森田療法の基本的な考え方、神経症のメカニズムから日常生活への活かし方まで簡単な表現で描いた概説書。メンタルヘルスの有益なヒントを提供する。がんと闘いながら逝った岩井寛氏が口述筆記してしたためた最後の著書であり、岩井氏の死生観を伺うにも好適な書。
内容 「最後の自由」−追悼岩井寛先生(松岡正剛)/はじめに−「森田療法」とは何か/1 森田療法の基礎理論(1 「生の欲望」と人間/2 人間心理の発達過程/3 「生の欲望」の二面性)/2 神経質(症)のメカニズム(1 神経質(症)者の性格/2 「ヒポコンドリー性基調」とは何か/3 「精神交互作用」について/4 「とらわれ」の心理/5 「はからい」の行動)/3 神経質(症)の諸症状(1 神経質(症)とは何か/2 神経質(症)の類型)/4 神経質(症)の治し方(1 入院療法と外来療法/2 「精神交互作用」を打破する/3 「とらわれ」と「はからい」からの脱却/4 「あるがまま」と「目的本位」/5 自己実現と自己陶冶)/5 日常に生かす森田療法(1 成就した「あるがまま」体験/2 私にとっての森田療法/3 「あるがまま」の本質)/おわりに−生と死をみつめて
購入のためのリンク Amazon honto 紀伊國屋
図書館へのリンク 公共図書館(国会図書館含む)  大学図書館