禅的森田療法 表紙
整理番号 377
書名 禅的森田療法 付・入院日記
著者名 宇佐晋一著 三省会編
出版者 三省会
出版年 2004
ページ数 205p
大きさ 20cm
注記
定価
抄録 三省病院で森田療法を施行し、神経質者の救済にあたっている宇佐晋一氏の講話及びエッセイと三省病院で入院森田療法による日記指導を受けた3名の患者の日記とから構成されている。本書の底流には森田療法の禅宗的解釈が伺える。
内容 I 宇佐晋一・論文とエッセイ(覚悟はよいかの問題/まだ新たな発見がある心の問題/ストレスとこころの世界/「平常心」のほんものとにせもの/入院森田療法と不問/森田療法における主題の喪失/歴史を超える森田療法/第十二回世界精神医学会横浜大会/絵における「あるがまま」/純な心のまえとあと/三聖病院の概略)/II 日記(不問と日記指導のはざまで(北西憲二)/三聖病院における日記指導について(宇佐晋一)/日記指導の例/森川差土三入院日記/高本茂入院日記/高林昭二入院日記)
購入のためのリンク
図書館へのリンク