強迫くもりのち晴れときどき雨  表紙
整理番号 432
書名 強迫くもりのち晴れときどき雨
著者名 梨本恵里子著
出版者 長崎出版
出版年 2010
ページ数 289p
大きさ 19cm
注記
定価 \1,785
抄録 強迫性障害の当事者でもある筆者が8名の当事者やその家族に取材し、彼らが病と向き合ったかを描く。強迫をどうとらえ、どのように対処したらよいかについて専門家へのインタビューを併せて掲載している。当事者の事例として森田療法では全治に至らなかった例についての紹介もある。また、森田療法の立場からの治癒像について北西憲二氏のインタビューを掲載している。
内容 第1章 当事者と家族が語る(私の中の強迫−梨本恵里子/重度の強迫性障害からの回復 行動療法、森田療法、認知行動療法の治療を経て−川村和人/辛くて苦労したけれど、治って良かった−川村由希子<仮名>/ステキな強迫人になってほしい−八島麻美子<仮名>/病から得た新しい生き方−鶴田英規/強迫と、うつと−川村裕孝/僕の「病気じゃない」と思える瞬間−日比谷康宏/ありのままの私で、嘘のない世界に(順子)/強迫性障害をもつ子どもたちを知っていますか−おしゃべり交流会「ぼちぼち会」に参加して)/第2章 強迫をどうとらえ、どう生きるか(患者の「こうなりたい」を目指す行動療法−飯倉康郎/森田療法で考える「病からの回復」とは−北西憲二/なぜ心の病気になるのか1 社会心理学の見地から−丹野義彦/なぜ心の病気になるのか2 進化心理学の視点−長谷川寿一/こんな自分でも、「ま、いっか」 摂食障害を克服した長谷川あやさんの体験/強迫をかかえてでも、生きていこう)
購入のためのリンク Amazon honto 
図書館へのリンク 公共図書館(国会図書館を含む) 大学図書館