胃弱・癇癪・夏目漱石 表紙
整理番号 494
書名 胃弱・癇癪・夏目漱石 持病で読み解く文士の生涯 (講談社選書メチエ)
著者名 山崎光夫著
出版者 講談社
出版年 2018
ページ数 317p
大きさ 19cm
注記  
定価 \2,052
抄録 自ら人間嫌いの厭世病と自覚していた夏目漱石は多病持ちであった。次々と襲う病魔と文豪がいかに戦ったか、49年の生涯を病跡を追って読み解く。ところで森田療法を編み出した森田正馬は熊本の五高時代、夏目漱石の講義を受けていた。夏目漱石と森田との関わりについて一章を設けている。
内容 はじめに ミザンスロック病/第一章 変人医者が生き方のお手本/第二章 円覚寺参禅をめぐって/第三章 左利きの文人/第四章 朝日入社前後/第五章 新聞文士/第六章 神経衰弱の実相/第七章 胃が悲鳴をあげている/第八章 森田療法と漱石/第九章 修善寺の大患/第十章 急逝の裏に/むすびに 原稿用紙上の死
購入のためのリンク Amazon  Honto  紀伊國屋
図書館へのリンク 公共図書館(国会図書館含む)