森田療法と熊本五高 表紙
整理番号 495
書名 森田療法と熊本五高 森田正馬の足跡とその後 
著者名 藤瀬昇〔ほか〕編
出版者 熊日出版
出版年 2018
ページ数 165p
大きさ 21cm
注記  
定価 \1,296
抄録 森田療法を生み出した森田正馬は熊本の旧制五高に3年間学んだ。森田の人間形成に大きな影響を与えた3年間について交友のあった人々との関わりを含めて描くともに、同じく熊本出身で森田療法の啓蒙普及に尽力した水谷啓二らについても著述している。
内容 五高時代の森田正馬写真ギャラリー/第五高等学校について(藤本秀子)/高知、富家村兎田から熊本への道のり(中山和彦)/森田正馬の青春、その仲間たち(竹崎邦博)/五高時代の森田正馬と森田療法(畑野文夫)/森田正馬の熊本生活(廣瀬昇)/「神経衰弱」と森田正馬の「神経質」概念について(遊亀誠二)/五高出身者たちの社会教育と森田療法(岡本重慶)/五高の絆の中で育まれた「生活の発見会」(比嘉千賀)/水谷啓二が設立した「生活の発見会」(小林貢)/森田療法の普及を願って(池田学)
購入のためのリンク Amazon  
図書館へのリンク 公共図書館(国会図書館含む)