Web森田療法図書館>日本森田療法学会雑誌>日本森田療法学会雑誌について

 「日本森田療法学会雑誌」は「日本森田療法学会」が会員の医師、研究者などに配付している機関誌ですが、その時代の森田療法研究の最新の動向を知ることができるコアジャーナルといえるでしょう。

 刊行は1990年4月で「森田療法学会雑誌」の名称で刊行、以降年2回のペースで発行が続けられ、2001年4月の第12巻第1号の発行に際して、「日本森田療法学会雑誌」という現在の名称に変更されています。

 掲載内容は毎年、開催される「日本森田療法学会」の記録、「国際森田療法学会」の記録のほか、森田療法に関する研究論文、症例研究、各地での活動報告など多岐にわたっています。また、セルフヘルプグループ「生活の発見会」会員を中心とした悩みを体験した当事者の発表が多く掲載されているのも特色といえるでしょう。

 本誌は学会の機関誌であり、一般の人が入手するのは容易ではありません。また、利用できる図書館も国立国会図書館などごく一部の図書館に限られるようです。

 掲載論文の利用は「医学中央雑誌Web版」や「J−DreamIII」のドキュメントデリバリーサービスを利用する方法もありますが、一般の人の利用方法としては国立国会図書館の複写サービスを利用するのが一般的かと思います。

 複写サービスの利用にあたっては本ホームページの総目次が多少なりともお役に立てるのではないかと思います。

 総目次はこちら

トップページ(ノーフレーム)へ戻る