Web森田療法図書館>ノーフレームページ>新聞記事>掲載日順のリスト>リスト

2000年〜

2018年

ブックウオッチング:新刊 『女性はなぜ生きづらいのか』=比嘉千賀、久保田幹子、岩木久満子・著 毎日 2018.11.7 朝刊 17

今週の本棚:村上陽一郎・評 『胃弱・癇癪・夏目漱石 持病で読み解く文士の生涯』=山崎光夫・著  毎日 2018.11.4 朝刊 11

2017年

がん患者再びモンブランへ 30年前登頂の関係者 治療発展訴え 毎日 2017.03.15夕刊 9

2016年

BOOK WATCHING新刊 はじめての森田療法 北西憲二著 毎日 2016.11.16朝刊 11

2015年

香山リカのココロの万華鏡 「あるがまま」でいい 毎日 2015.01.29朝刊 26 

2013年

「今を生きる力」易しく指南 帚木蓬生、森田療法の考え土台に 朝日 2013.07.23夕刊 3

2011年

100万人のうつ 9 不安とともに歩き出す 〔うつ病にも応用される森田療法〕 (ニッポン人脈記) 朝日 2011.12.21 夕刊 1

2010年

大原健士郎さん 〔79歳 浜松医科大学名誉教授 日本森田療法学会元理事長〕 朝日 2010.01.29 朝刊 39

2007年

患者を生きる 508 がん、逸見政孝さんとともに6 家族として患者として 〔逸見晴恵さん、生きがい療法との出会い〕 朝日 2007.11.18 朝刊 33

2003年

トレンド フランスの最新「うつ病」療法は・・・「脳」に訴える 〔うつ病をテーマにした書籍も相次ぎ出版 森田療法を応用した療法を紹介する「ストレス病は怖くない」(林吉夫著・風媒社・1140円)なども〕 毎日 2003.10.27 夕刊 4

がんに負けない 第2部 治療の現場で 抗がん剤・適用外使用、医師に相談を 患者会・まず例会に出席 見捨てない・往診、総合病院と連携 主な患者会・家族会  毎日 2003.10.13 朝刊 10

私が選んだこの1冊 「宣告」上・下 加賀乙彦著 久保田幹子さん(臨床心理士)〔東京慈恵医大第三病院で森田療法を専門とする〕 毎日 2003.5.7 朝刊 13

ひと 岡本常男さん 自らの体験を生かした「心の健康」活動 〔胃腸神経症を克服 体験を神経症患者のために 「メンタルヘルス岡本記念財団」を設立〕 朝日 2003.1.30 朝刊 2

2001年

元気からだ 笑い・病気にうち勝つ良薬 ユーモアで前向きに免疫アップの効果も NK細胞元気に 解明これから 医療現場に必要 朝日 2001.4.10 朝刊 27

2000年

ストレス・自分の状態知り早めに対処 肩や腰の痛みに影響も 立ち直りへ思いを記録 〔森田療法研究所・北西憲二所長、気持ちのきろくすすめる〕  朝日 2000.9.18 朝刊 8

富士登山を果たしたがん患者たち 生きる元気もらった 支えあう仲間出会い収穫 不安吹っ切れて自分取り戻す 「大きな目標、治癒力高める」生きがい療法実践の医師 朝日 2000.9.7 朝刊 25

目指すは富士山 日米のがん患者ら訓練中 ボランティア含め総勢500人 朝日 2000.7.3 朝刊 38

BOOKほん 「軽度・神経症を治す」北西憲二著 〔森田療法の立場からさまざまな症例をとらえ、解決への道筋を示す〕 毎日 2000.2.18 朝刊 17

時代の風 曽野綾子・作家 「神経症の時代」を生きる 「あるがまま」受け入れ 毎日 2000.1.23 朝刊 3

メニューに戻る

トップページ(ノーフレーム)へ戻る

1995年〜1999年

1999年

文庫 渡辺利夫「神経症の時代」 (学陽文庫・660円) 朝日 1999.12.13 夕刊 10

絶望のふちで 急増中高年の自殺 2 周囲の介入命を救う 支え 「死」以外の選択肢示す 〔森田療法の自助グループ「生活の発見会」への参加〕 朝日 1999.9.29 朝刊 25

BOOKほん 「やる気の出る人、出ない人」大原健士郎著 〔「森田療法」の実践で著名な著者が、元気を出すために贈る10ヵ条〕 毎日 1999.1.21 朝刊 17

1998年

頂上へ生きたい 胃がん手術で克服 南米最高峰に挑戦 和泉〔伸一〕さん (Saturday Wide) 朝日 1998.11.28 朝刊 28

ひと・笑福亭小松さん がんと闘いながら徒歩で日本列島を横断した落語家 毎日 1998.8.14 朝刊 5

日本独自の神経症治療法 「森田療法」海外でも注目 がん患者らの心のケアに 欧米・中国で講演会 「あるがまま」の現実主義に共感 朝日 1998.5.23 朝刊 23

ひと がんと闘いながら徒歩で日本縦断中の落語家 笑福亭小松さん 朝日 1998.5.19 朝刊 3

カルテの内側(栗原雅直) 禅と精神療法 どちらも阿吽の呼吸必要 毎日 1998.5.17 朝刊 34

未知しるべ ある落語家の高座 気迫はがんを越えるか 笑福亭小松さん歩いて日本列島を北上中  朝日 1998.5.16 朝刊 8

窓 論説委員室から 森田療法 朝日 1998.2.17 夕刊 2

1997年

モンブランに触れて 「生きる勇気の山」めざす ヨーロッパアルプスをトレッキング がんや難病などの闘病者ら43人 「病気置いていく」とケルン積む 「生きがい療法実践会」 酸素吸入を受けながらスケッチ 毎日 1997.12.12 朝刊 15

がんと向き合い支え合い 患者と家族の会が十年目 「どんぐりの会」来月シンポ 前向きに考える時代の流れに貢献 朝日 1997.8.1 朝刊 21

10年ぶり、お礼の旅 がん患者への「生きがい療法」を続けている岡山県倉敷市の伊丹仁朗医師が、8月にガン患者らとフランスを訪問する計画 毎日 1997.4.14 夕刊 3

「森田療法」米で実践 〔ニューヨークのスローンケタリング記念がんセンターのソーシャルワーカー、ジーン・リーベンバーグさん〕 朝日 1997.2.12 夕刊 10

わらう がんをぶっ飛ばせ 運動と同じ効果ストレス解消に 参加者一人一人のユーモアスピーチに笑いが絶えない「生きがい療法」の学習会 毎日 1997.1.3 朝刊 17

1996年

読書 私の新刊◎○ 編集部から ◎「心を求めて 一人の人間としての裁判官」(関根牧彦著、騒人社・1700円) 〔神経症からの出口を求めて出会った森田療法〕 朝日 1996.11.10 朝刊 13

現代養生訓(いまどきのけんこうのひけつ) 低血圧 4 主症状は3タイプ〔めまい型、朝起き苦手型、頭痛・疲労型〕、改善には粘りを 〔症状にとらわれ、どこかに病気がないか探す傾向に注意 「あるがまま」を目指す森田療法の考え方が役に立つ〕 朝日 1996.9.9 朝刊 15

こころ 森田療法に新たな関心 アルコール依存、末期ケアにも応用 海外での評価も高まる 悩み語り合い安心感〔「生活の発見会」〕 「あるがまま」が基本 北京で国際学会開く 渡辺利夫東工大教授に聞く  朝日 1996.8.20 夕刊 6

本・流 神経症を語れる時代が来た 〔渡辺利夫著「神経症の時代」、岩井寛著「森田療法」などが話題に〕 朝日 1996.7.21 朝刊 11

顔の話 7 (松尾進) スマイルの考察 〔笑顔は免疫力を活性化させる〕 朝日 1996.5.19 朝刊 36

読書 新刊私の◎○ 編集部から ◎「神経症の時代」(渡辺利夫著、TBSブリタニカ・1500円) 〔森田療法の創始者、森田正馬らの内面を追い、その思想を語る〕 朝日 1996.5.19 朝刊 13

ひと 開高健賞・渡辺利夫さん 〔「神経症の時代」で森田療法の創始者、森田正馬ら描く〕 「次は、神経症者としての俳人・種田山頭火を書きたい」 56歳 朝日 1996.4.12 朝刊 3

「森田正馬」と現代 評伝「神経症の時代」が開高健賞を受けて (渡辺利夫) 毎日 1996.2.28 夕刊 6

読書 著者紹介 「素敵な教祖たち」 本橋信宏さん(39) 保存されざる文化を書き残したい 〔不安神経症に時折悩まされる。そんな時、座右の森田療法の本を読む〕 朝日 1996.2.25 朝刊 12

開高健賞に渡辺利夫氏 〔「神経症の時代−森田正馬とその弟子たち」 受賞作は「森田療法」で知られる臨床医の評伝〕 毎日 1996.2.2 朝刊 30

メニューに戻る

トップページ(ノーフレーム)へ戻る

1990年〜1994年

1992年

窓 論説委員室から 味わい深い人生 〔森田療法理論を学ぶ「生活の発見会」を組織した長谷川洋三さん死去〕 朝日 1992.11.19 夕刊 2

長谷川洋三氏死去  〔森田療法の学習団体「生活の発見会」名誉会長〕 朝日 1992.11.12 朝刊 31

「ガンに勝つ技術」教えます 自宅でできる心理療法 倉敷の医師がビデオ出す がん細胞を殺す絵を描きながら心理療法を学ぶ人たち=柴田病院で 毎日 1992.10.26 朝刊 15

1991年

〔ハーレクイン〕編集長就任 フリーライター・平尾彩子さん 生きがい療法に関心 それまでの記録を「モンブランに立つ」(リヨン社)にまとめる 朝日 1991.12.17 夕刊 2

余録 「生きがい療法実践会」のユーモアトレーニング 毎日 1991.3.24 朝刊 1

1990年

窓 論説委員室から 元気印の闘病記 朝日 1990.6.22 夕刊 2

日本生まれの精神医療 森田療法への関心国際的にも高まる 朝日 1990.5.14 夕刊 5

モンブランを思い出に がん登山・野村〔郁男〕さん死去 朝日 1990.4.9 朝刊 31

がんと闘いモンブラン登頂 野村〔郁男〕さん死去 毎日 1990.4.9 朝刊 27

メニューに戻る

トップページ(ノーフレーム)へ戻る

1985年〜1989年

1989年

こころ 肝臓がんと闘った6年余 モンブラン登山の椚〔総〕さん逝く 「生きがい療法」を実践 富士山での日米交歓の夢残し 朝日 1989.10.16 朝刊 13

がん克服のためモンブラン挑戦 椚〔総〕さん、がんで死去 朝日 1989.9.25 夕刊 23

働く人の心の健康 新しい職場の悩みが悪夢に (大原健士郎) 朝日 1989.7.22 夕刊 6

働く人の心の健康 寝つき悪くても悩みは不要 (大原健士郎) 朝日 1989.7.1 夕刊 8

第一回国際森田療法学会で一般発表者募集 朝日 1989.6.24 夕刊 5

がん告知考えなおそう 変わる認識、医師も反省 検討会報告書 毎日 1989.6.17 朝刊 27

新刊案内「同行二人がんに克つ旅」椚総・椚計子著 〔肝臓ガンの二度の手術を乗り越え、「生きがい療法」実践のためアルプス、ロッキー山へ登った椚さんとそれを見守る妻の手記〕 朝日 1989.2.27 朝刊 15

1988年

ニチイ副社長の岡本〔常男〕さん 40億円を寄付 神経症療法の普及・研究に 朝日 1988.7.29 朝刊 26

生きがい 患者との約束果たす 〔「生きがい療法」のモンブラン登山に同行したフリーライター・平尾彩子さん「モンブランに立つ」(リヨン社)出版〕 朝日 1988.7.26 夕刊 2

みんなで「がん」撲滅登頂だ 昨夏のモンブラン峰挑戦きっかけ 患者の全国組織誕生へ 国へ医療行政推進求める 〔モンブラン峰に挑戦した椚総さんが呼びかけ〕 毎日 1988.5.17 夕刊 8

がんとの闘い励まし合って モンブラン登山の椚さんが呼びかけ 「患者と家族の会」結成 悩みを相談、学習会も 朝日 1988.4.17 朝刊 30

断食療法 「必ず治る」と信じさす 命もてあそんだと遺族 摘発に複雑 「がん患者の救い」だったのか 患者殺到した背景も考えて・「生きがい療法」を実践する伊丹仁朗医師の話 朝日 1988.2.18 朝刊 3031

命ある限り・・・旅回り 点滴続け「また伺います」 宇野重吉さん舞台に燃えつきて 情熱プラスに働く・「生きがい療法」の実践で、がん患者とともにアルプスの最高峰モンブランに登った岡山県倉敷市・柴田病院の伊丹仁朗医師の話 朝日 1988.1.10 朝刊 31

1987年

モンブラン登山目指したがん患者第2陣帰国 〔「生きがい療法実践会」のがん患者登山隊〕 朝日 1987.9.2 朝刊 26

がん克服へ明るく 〔モンブランに登った「生きがい療法実践会」の登山隊帰国〕 朝日 1987.8.31 朝刊 26

モンブラン登頂みやげに帰国 〔登山を通じて生きる喜びを見いだし、がんと闘っていく「生きがい療法実践会」会員〕 毎日 1987.8.31 朝刊 26

「敢闘精神で生き抜く」 モンブラン登山がん患者が会見 朝日 1987.8.25 夕刊 17

がん患者モンブラン征す 3人登頂 7人そろい4300メートルまで  〔生きがい療法の一環として登頂めざす〕 朝日 1987.8.24 朝刊 27

やったね父さん モンブラン快挙わく留守宅 「がん闘病の頑張り、実った」 「信じられない」 吹雪も克服登頂患者 治療面でも意義 生きる意欲刺激すれば免疫力高まるデータも 毎日 1987.8.24 朝刊 27

がん患者、モンブラン登頂 日本の3人 荒天つき5時間半 4人は断念 〔登山に頼生きる勇気を見つけて、がんと闘う治療を進めている「生きがい療法実践会」メンバー〕 毎日 1987.8.24 朝刊 1

さあ、アルプス最高峰へ 〔がん患者七人を含む「生きがい療法実践会」の登山隊〕 毎日 1987.8.22 朝刊 22

「がんに負けぬ」 モンブラン登頂へ 「生きがい療法」の患者7人出発 同病の人に勇気を 医師・家族も応援 雪上訓練重ね 朝日 1987.8.17 朝刊 23

「がん」なんかに負けません 患者一行モンブランへ出発 〔「生きがい療法実践会」会員7名〕 毎日 1987.8.17 朝刊 22

ひと がん患者とモンブランに挑む医師 伊丹仁朗さん 朝日 1987.6.20 朝刊 3

なにより健康 人前であがらない工夫あれこれ 〔あるがままの態度を保持する森田療法ほか〕 朝日 1987.2.21 夕刊 8

メニューに戻る

トップページ(ノーフレーム)へ戻る

1980年〜1984年

1984年

こころ・森田療法のレイノルズ氏に聞く 新しいカッコウより新しい過去 現在の行動こそ大切 内面に拘泥してはダメ 症状を受け入れ 全部が借りもの 目的をみつけて アメリカの森田療法を語るD・レイノルズ氏 朝日 1984.11.27 夕刊 28

メニューに戻る

トップページ(ノーフレーム)へ戻る

〜1979年

1978年

神経症治療に集談会 森田療法 「生活の発見の会」で講師中心に対話 「あるがまま」を実践 朝日 1978.12.19 朝刊 6

1972年

ノイローゼ 評価高まる「森田療法」 神髄は「あるがまま」 実践繰返し恐怖心消す 悪循環を断ち切る 薬や暗示は使わぬ 各地で「先輩」の集会〔生活の発見会〕 朝日 1972.1.16 朝刊 22

メニューに戻る

トップページ(ノーフレーム)へ戻る