がんという病と生きる 表紙
整理番号 470
書名 がんという病と生きる 森田療法による不安からの回復
著者名 北西憲二,板村論子著
出版者 白揚社
出版年 2016
ページ数 245p
大きさ 20cm
注記  
定価 \2,700
抄録 「がん」にまつわる不安や苦悩にどう対処するかについて、がん闘病者たちとの面接を通して探る。その中で森田療法の思想が貢献できる可能性についても述べている。
内容 1 がんと森田療法(森田療法の可能性/がん患者に対する精神療法の現状)/2 がん患者のためのグループワーク(グループワークの理論/グループワークの実践/グループワークの考察)/3 がんサバイバーとその人生(がんサバイバーへのインタビュー/がんサバイバーの危機、転機、その後の生き方/インタビューを終えて)/4 三人三様の生と死をめぐって(つながりの中の生と死−Eさん<女性・61歳>/諦念のなかの死−Wさん<女性・58歳>/葛藤のなかの死−Xさん<女性・40歳>)/5 森田療法の死生観(「生の医学」と「死の医学」/がん患者の苦悩をどう理解するか/がん患者における自己と環境の不調和/苦悩に抗う生き方から受け入れる生き方へ/森田正馬の喪失体験と死生観)/付録・神経症性障害とがんの体験
購入のためのリンク Amazon Honto 紀伊國屋
図書館へのリンク 公共図書館(国立国会図書館含む)