博士論文

日本型セルフヘルプ・グループにおける参加者の回復メカニズムと組織構造に関する臨床心理学的検討 三好真人著 明治大学 博士(人間学)甲第825号 2017.03.26  
慢性うつ病者の自覚的病前性格に関する研究 樋之口潤一郎著 東京慈恵会医科大学 博士(医学)乙第3059号 2013.04.24  
パーソナリティ障害を伴ううつ病性障害に対する精神療法の検討 : 箱庭療法施行後の外来森田療法追加施行の有効性 大住誠著 聖マリアンナ医科大学 博士(医学)乙第562号 2011.02.16  
強迫性障害の入院森田療法における重症度変化とそれに及ぼす諸要因に関する研究 舘野歩著 東京慈恵会医科大学 博士(医学)乙第2709号 2004.01.14  
神経症(森田療法適応症例)の対人不安に関する研究 : 対人関係調査票を用いて 岩木久満子著 東京慈恵会医科大学 博士(医学)乙第2639号 2003.02.12  
解決志向療法(ソリューション・フォーカスト・セラピー)と森田療法の比較 : 精神療法における治療的介入の差異を数量的に解析する試み 玉真眞子著 香川医科大学 博士(医学)甲第311号 2000.06.29  
入院森田療法における絶対臥褥経過と治療効果の予測因子の検討 : 生活史とロールシャッハ・テスト所見を用いて 稲富仁著 東邦大学 博士(医学)乙第1908号 1996.01.26  
森田療法の治療効果と体温リズムとの関連 : 体温の連続測定(入院後28日間、退院前28日間)による治療効果の判定 田口博之著 東邦大学 博士(医学)乙第1870号 1995.06.26  
ソシオメトリーによる入院森田療法の集団内力動および治療過程の検討 飯田典子著 東邦大学 博士(医学)乙第1727号 1993.11.25  
入院森田療法の治療システムの研究 高橋俊カ著 聖マリアンナ医科大学 博士(医学)乙第221号 1993.03.17  
森田療法"絶対臥褥"の事象関連電位(CNV)による精神生理学的検討 植田宏樹著 聖マリアンナ医科大学 博士(医学)甲第315号 1993.03.03  
森田療法の治療効果に関する要因について 藤本英生著 東京慈恵会医科大学 博士(医学)乙第1661号 1991.02.26  
森田療法における神経症者の体温リズム 野村和広著 浜松医科大学 医学博士 甲第98号 1990.03.26  
森田療法における治療過程の検討 : 対人行動の分析を通じて 中村敬著 東京慈恵会医科大学 医学博士 甲第567号 1990.01.22  
森田療法絶対臥褥期の体温および心拍数の検討 : 精神生理学的・臨床的研究 豊原利樹著 東京慈恵会医科大学 医学博士 乙第1570号 1989.07.24  
入院森田療法施行中の治療的危機 立松一徳著 東京慈恵会医科大学 医学博士 乙第1557号 1989.06.12  
森田療法絶対臥褥期の心理的変化に関する研究 大橋眞著 東京慈恵会医科大学 医学博士 乙第1501号 1989.01.23  
森田療法における絶対臥褥期の精神生理学的意義 川口浩司著 浜松医科大学 医学博士 乙第37号 1988.01.22  
森田療法絶対臥褥期における神経症者の睡眠覚醒リズム 増田直樹著 東京慈恵会医科大学 医学博士 乙第1258号 1986.10.13  
森田療法の治療理論に関する考察 長山恵一著 東京慈恵会医科大学 医学博士 甲第446号 1985.12.12  
対人恐怖類型とその治療について : 森田療法の立場から 吉田則昭著 東京慈恵会医科大学 医学博士 甲第418号 1984.02.13  
森田療法絶対臥褥期の精神生理学的・臨床的研究 小松順一著 東京慈恵会医科大学 医学博士 乙第969号 1982.10.25  
森田療法における絶対臥褥期の意義に関する研究 高木正勝著 東京慈恵会医科大学 医学博士 乙第690号 1979.04.23  
精神分裂病に対する森田療法的接近 熊野明夫著 東京大学 医学博士 乙第2005号 1970.01.28  
強迫行為を主症状とする慢性神経症の森田療法による臨床精神病理学的研究 松永昇著 東京慈恵会医科大学 医学博士  1961.03.31  
森田療法の神経症に対する治療効果のロールシャッハテストによる研究 宇佐晋一著 京都大学 医学博士 1960.03.31  
神経質症の森田療法による治療効果及びその精神病理に関する研究 中江正太郎著 東京慈恵会医科大学 医学博士 1960.08.25  
神経質に対する森田療法の精神病理学的研究補遺 河合博著 東京慈恵会医科大学 医学博士 1959.05.12  

トップページに戻る