ホームページで読める森田療法の図書・論文・体験談

国立国会図書館−近代デジタルライブラリー

 国立国会図書館が所蔵する明治・大正・昭和戦前期の著作権の切れた資料を中心に、インターネット公開可能なデジタル化資料を画像公開しています。

 森田正馬の次の著書がみられます。

 良い国良い人 東京における土佐人(澤翠峰,尾崎吸江著 青山書院 1917年刊)迷信と妄想(実業之日本社 1928年刊)神経質ノ本態及療法(吐鳳堂書店 1928年刊)/神経質療法への道 第1篇(人文書院 1935年刊)第2篇(神経質研究会 1937年刊)第3篇(神経質研究会 1937年刊)/健康と変質と精神異常(人文書院 1937年刊)

 精神病の概念(「変態心理学講話集 第1篇」 日本精神医学会 1918年刊 所収)

 ◎「医学中央雑誌」所収論文 「近代デジタルライブラリー」ホームページ左側の目次・巻号のボタンを押すと目的の論文が探しやすいです。

 麻痺狂ノ早期診断(51 1907年5月)論説精神療法(60 1908年2月)論説鉛中毒性精神病(75 1909年5月)独語症ニ就テ(87 1910年5月)論説麻痺性痴呆ノ瞳孔障碍二就テ(176 1914年2月)精神病神経病ト撓骨動脈硬變(262 1917年9月)精神療法二對スル着眼點二就テ(330 1920年7月)

生活の発見会−体験記・論文

 生活の発見会会員の体験談と森田療法に関する論文・エッセーを掲載しています。

 逆説とリフレーミングにまつわる森田療法あれこれ(山田秀世)「水谷啓二追想録」の編集・出版活動 (兵藤長雄)森田源流シリーズ・関東大震災時の日記 (大正十二年九月一日〜二十四日)(森田正馬)森田療法の自助グループとしての発見会の役割について(1)(比嘉千賀)森田療法の自助グループとしての発見会の役割について(2)(比嘉千賀)森田博士の思い出(河原宗次郎)行動が性格を変える (長谷川洋三)森田療法の魅力 (田代信維)

 視線恐怖 神経質を長所として生きたい自分を知る安定感自分をみつめて 吃音恐怖から不安の先に視線恐怖を乗り越えて絶望と再生苦しみからの解放”生きている(生かされている)”ありがたさ長年の対人恐怖から救われた赤面しても大丈夫経験によって不安を克服(不安神経質症・不安発作)

 

生活の発見会北関東支部−みんな悩んだ(体験談)

 自分自身を理解していく喜び(男性29歳 群馬集談会 うつ病、対人恐怖、加害恐怖)集談会と私(男性28歳 群馬集談会 うつ状態)現実の不安を身体の不安に(男性39歳 浦和集談会 不安・乗物恐怖)9月の宇都宮集談会の例会集談会は心の居場所(男性30歳代 赤羽ほっとコム 対人恐怖、視線恐怖)希望を持って森田と取り組もう(男性60歳代 JACK大宮、赤羽ほっとコム 疾病恐怖)粘り強さが身についてきました(群馬集談会 疾病恐怖)対人恐怖を感じながらも今を生きる(対人恐怖症)自分探しの迷路からの脱出(春日部集談会 視線恐怖)背伸びせず自分らしい楽な生活ができるようになった(50歳代 群馬集談会 赤面恐怖)森田理論で治るかもの期待がしだいに確信に(男性 群馬集談会 疾病恐怖) 

 

メンタルヘルス岡本記念財団−克服体験談 

広場恐怖 頻尿恐怖から視線恐怖、対人恐怖になって(33歳男性 会社員)
インターネットから現実の世界へ(26歳男性 会社員)
社会恐怖(対人恐怖) いじめや家庭問題から悩み、神経症を発症して(20歳男性 大学生)
対人恐怖とネットのおかげで得た宝物(29歳女性 主婦)
森田療法と素晴らしい仲間に救われて(32歳女性 OL)
神経症に感謝!素敵な仲間に出会えて(35歳女性 OL)
森田療法で20数年来の神経症を一年足らずで克服!(32歳女性 主婦)
適応不安と悲しみを超えて(35歳男性 会社員) 
パニック障害 パニック障害、書痙、乗り物恐怖を乗り越えて(36歳女性 主婦)
心身共に鍛えられた森田療法の教え(28歳女性 会社員) 
全般性不安障害(不安神経症) 死への恐怖心のとらわれた日々(36歳女性 主婦)
完璧主義、理想主義の狭間で不安神経症に悩んで(32歳女性 主婦)
強迫性障害(強迫神経症) 尽きぬ縁起恐怖、神罪恐怖の果てに(36歳男性 会社員)
強迫観念の森に迷いこんで(35歳女性 OL)
私は変になりそう、こわれそうという恐怖(25歳女性 OL)
気分変調症(抑うつ神経症)、離人性障害(離人神経症) 今、今、今を生きる(25歳女性 主婦)
胃腸神経症 40年にわたる胃腸神経症を森田療法で克服(岡本常男)
大うつ病(気分障害)

対人恐怖とうつ病、不眠症に悩まされて(25歳女性 会社員)
うつ病との闘い(42歳男性 会社員)

トップページに戻る