411 森田正馬の略歴と著作(稿)
西暦
和暦
年齢
略歴
著作 (図)=図書 (新)=新聞記事 (論)=雑誌記事・論文
1874 明治7
高知県香美郡富家村(現野市町)にて出生
1879 明治12
5
富家尋常小学校入学
1883 明治16
9
この頃、村の寺で極彩色の地獄絵をみて死の恐怖にとらわれる
1885 明治18
11
富家尋常小学校卒業
1887 明治20
13
高知県立第一中学校入学。母の知人宅に下宿。この頃、常習の頭痛に悩む
1889 明治22
15
心臓が悪いと思い、高知病院通院(のちに神経症とわかる)
1892 明治25
18
上京し、予備校に通う。脚気に罹り一時帰郷
1894 明治27
20
腸チフスに罹る。回復期に心悸昂進発作を起こす
1895 明治28
21
高知県立第一中学校卒業。大黒田龍医師の奨学金に応じて五高医学部に進学、熊本にて寮にはいる
1896 明治29
22
田村久亥と結婚
1897 明治30
23
座骨神経痛の治療を受けるが、自然に治る(のちに神経症とわかる)。この頃から精神医学を志す。
1898 明治31
24
五高卒業。東京帝国大学医科大学入学
1899 明治32
25
「神経衰弱兼脚気」にて苦しむが、受験勉強に熱中するうちに治り、神経質恐れるに足りずという境地を得る
1900 明治33
26
久亥が上京、新居をもつ
1902 明治35
28
東京帝国大学医科大学卒業。巣鴨病院医局にはいる
1903 明治36
29
医術開業免許を得る。土佐の「犬神憑き」実態調査命じられる。東京慈恵会医科専門学校において精神病学の講義を命じられる。大学院学生となり精神療法を専攻する。催眠術を独学で習得 (論)「小迷信」(「児童研究」)
1904 明治37
30
弟徳弥、日露戦争で戦死。排尿恐怖の女性を催眠術で治癒させる (論)「土佐ニ於ケル犬神」(「神経学雑誌」3(3))、「神経病ノ感染ニ就テ」(「神経学雑誌」3(2))、「生理的老衰ニ神経衰弱症ヲ兼ネタル準禁治産被告事件ノ鑑定」(「神経学雑誌」3(10))、「催眠術ノ供覧」(「芸備医事」)、「公立精神病院ニ於ケル精神病者ノ鑑定ニ就テ」(アイザート原著訳)(「臨床彙講」)
1905 明治38
31
日本女学校で生理衛生講義を嘱託する。この頃より形外と号する (論)「治癒セル強迫観念狂ノ一例」(「中外医事新報」599)、「人体ノ形相」(連載)(「日本美術」80-85)、「家庭衛生 解剖生理」(連載)(「家政衛生」)
1906 明治39
32
土佐協会評議員。根岸病院顧問に就任 (論)「精神病療法梗概」(ビンスワルゲン講・訳)(連載)(「臨床彙講」5-6)、「満韓の旅」(「日本美術」)、「小児精神病ニ就テ」(「児科雑誌」)
1907 明治40
33
千葉医学専門学校教授の推薦を受けるが辞退する (論)「精神病性神経病ノ精神療法梗概」(ジーク・ホッフ述・訳)(「臨床彙講」13)、「妄想ニ就テ」(「教育学術界」11(6))、「緊張病軽快期ニ於ケル窃盗事件被告ノ鑑定例」(「国家医学会雑誌」240)、「土佐の犬神」(連載)(「土佐協会雑誌」)、「両足触覚計ノ診断的価値」(「神経学雑誌」6(11))、「麻痺性痴呆初期ノ診断」(「医学中央雑誌」51
1908 明治41
34
東京女子体操音楽学校講師を引き受ける。「医学中央雑誌」精神病学欄主幹となる (論)「偏執狂ニ就テ」(「医海時報」)、「精神療法着眼点」(「医学中央雑誌」(60))、「根岸病院看護法」
1909 明治42
35
人性学会幹事となる (論)「精神療法ノ話」(「婦人衛生会雑誌」233)、「悖徳症ニ就テ」(「人性」)、「もひ中毒ヨリ妄想ヲ発セル二例」(「神経学雑誌」8(12))、「流行性脳脊髄膜炎後ノ精神病ノ一例」(「神経学雑誌」8(12))、「女学生と迷信」(「児童研究」12(5))、「神経衰弱性精神病院性体質」(「人性」5(5))、「鉛中毒性精神病」(「医学中央雑誌」6(12))
1910 明治43
36
岡田虎次郎の「静座法」を見学 (論)「独語症ニ就テ」(「医学中央雑誌」7(12))、「色情狂ノ奇現象」(「刑事法評林」2(7))
1911 明治44
37
赤痢に罹る。一子正一郎誕生 (論)「心身ノ関係」(「小学校」10(12-13))、「注意は活動である」(連載)(「児童研究」28(4).28(5))
1912 明治45
38
自宅にて診察に応ずるの看板出す。児童研究会評議員となる
1913 大正2
39
精神薄弱児を預かり教育する
1914 大正3
40
児童研究会で宿題報告「低能児の教育」について講演する。医師協会評議員となる (論)「麻痺性痴呆ノ瞳孔障碍ニ就テ」(「医学中央雑誌」10(17))、「低能児の教育」(連載)(「児童研究」18(1)〜18(9))
1915 大正4
41
日本思想の古典研究会にはいる。一患者の10年来の神経性心悸昂進症を自己の体験をもとに治癒させる (論)「余ノ所謂祈祷性精神病ニ就テ」(「神経学雑誌」14(7))、「迷信と精神病」(連載)(「人性」)
1916 大正5
42
竹内薫平らの歌会「ほむら会」にはいり、活動する。児童学会にて宿題報告「児童の恐怖について」発表する (論)「常識ニ就テ」(「人性」12(4))、「随筆 精神と物質、主観と客観、創造と模倣」(「人性」)、「パラノイアニ就テ」(「神経学雑誌」15(7))
1917 大正6
43
中村古峡主宰の日本精神医学会の評議員となる。念写などの超能力に関心 (論)「児童の恐怖」(連載)(「児童研究」21(2).21(3))、「低能児の親心」(「児童研究」)、「家庭教師」(「児童研究」)、「珍しき教育方針」(「児童研究」)、「小児の模倣」(「児童研究」)、「不良児の養成」(「児童研究」)、「孝行の教」(「児童研究」)、「神経病、精神病ト橈骨動脈硬変」(「医学中央雑誌」15(6))、「人格の修養」(「婦人と体育」)、「余の恋愛観」(連載)(「人性」13(8).13(10).13(11))、「魔がさすといふ事」(「婦人衛生雑誌」335)、「虫が知らすといふ事」(「神経学雑誌」16(11))
1918 大正7
44
変態心理講習会で講演・臨床講義を行う。「医学中央雑誌」の索引をつくる (論)「自愛と玩弄」(児童研究)、「迷信と妄想」(連載)(「変態心理」1(2)〜2(4))、「春窓漫筆」(「土曜美術」)、「中学時代ニ多キ神経病性苦悶状態」(連載)(「児童研究」21(11).21(12))、「常習放火犯 痴愚鑑定例」(「国家医学会雑誌」377)、「精神病の概念」(「変態心理講習録」)、「趣味ニ就テ」(「人性」14(6))、「ヂョレ氏読心術ニ就テ」(「変態心理」)、「恐怖に対する余の憶説」(「変態心理」)、「精神病二対スルリンジャ氏液注射の治療的価値」(共著)(「神経学雑誌」17(8))、「児童の歌」(「児童研究」22(1))、「迷信に就て」(「社会と経済」)、「気まぐれ」(「変態心理」2(8))、「迷信発生の内因」(「変態心理」2(12))、「常習放火犯 痴愚 勝部要蔵の鑑定」(「国家医学会雑誌」)
1919 大正8
45
巣鴨病院永松看護長が神経衰弱に悩んでいたところ、自宅に入院させ軽快させる(森田療法理論と実際の確立) (論)「精神性心臓症ニ就テ」(「成医会雑誌」39(1))、「神経質ニ就テ」(「変態心理」4(1))、「夢の研究」(連載)(「変態心理」4(3)〜5(2))、「狐憑といふものはあるか」(「家庭雑誌」)、「天理教祖の迷信」(「寸鉄」)、「金光教祖の迷信」(「寸鉄」)、「小児のヒステリー」(「親のため」)、「神経質ノ療法」(「成医会雑誌」)、「夢の本態」(「神経学雑誌」4(3))、「神憑現象二就テ」(「変態心理」4(1))
1920 大正9
46
郷里土佐にて大患。中村古峡のすすめで「神経質及神経衰弱法の療法」執筆を開始する (論)「精神療法ノ着眼点二就テ 臥褥療法」(「医学中央雑誌」18(3))、「どんな人が自殺するか」(「変態心理」5(6))、「小児の神経衰弱と母親の注意」(「親のため」)、「ヒステリーの話」(連載)(「変態心理」6(2).6(3))、「催眠術の治療的価値」(「変態心理」)、「病と迷信」(「婦女界」31(9))、「精神療法と物質療法」(連載)(「霊の研究」)
1921 大正10
47
慈恵医専、新大学令により慈恵会医科大学となる (図)「神経質及神経衰弱の療法」(日本精神医学会)、「精神療法講義」(日本精神医学会)
(論)「精神療法の基礎」(「変態心理」7(1))、「赤面恐怖の治癒の一例」(「変態心理」7(2))、「肝臓癌の治癒例」(「変態心理」7(3))、「沃度療法に対する所感」(「医学及医政」)、「月経時の精神状態」(「婦人世界」16(6))、「早発性痴呆」(「親のため」)、「若返法と霊視術」(「土曜新聞」、「変態心理」8(5))、「金持は如何なる迷惑を及ぼすか」(「変態心理」8(6))、「原氏の暗殺野村隈畔の情死」(「変態心理」8(6))、「随感随録」(「変態心理」)、「神経質ノ療法」(「神経学雑誌」)、「神経衰弱ノ本態」(「神経学雑誌」)、「死後の生命」(「婦人世界」16(3))
1922 大正11
48
学位論文として「神経質ノ本態及ビ療法」を執筆する (図)「神経質及神経衰弱の療法 増補」(日本精神医学会)
(論)「潜在意識二就テ」(「変態心理」9(1))、「変質者ニ就テ」(連載)(「変態心理」10(2).10(3))、「形外漫筆」(連載)(「変態心理」10(5)〜12(1))
1923 大正12
49
父正文死去 (論)「夢ノ研究ニ就テ」(「変態心理」)、「嫉妬妄想に就いて」(「変態心理」12(1))、「有島氏の死を評す」(「変態心理」12(2))、「流言蜚語の心理」(「変態心理」12(2))、「神経質ノ本態及ビ療法」(「呉先生記念論文集」)
1924 大正13
50
肺結核の症状を自覚する。東洋大学にて教育病理学を講ずる。医学博士となる (図)「恋愛の心理」(日本精神医学会)
(論)「祝発刊」(「婦人と体育」)、「心身の健康」(「婦人と体育」、「変態心理」13(4))、「相対性原理と料理の話」(「料理の友」13(5))、「夫婦愛の倦怠は如何にして救はるるか」(「婦人倶楽部」5(12))、「注意は活動である」(「婦人と体育」、「児童研究」)
1925 大正14
51
慈恵医大教授に就任。郷里や講演先で診療に応ずる (論)「鹿を追ふもの山を見ず」(「実験医法」第11年)、「注意は活動である」(連載)(「変態心理」15(1).15(2))、「精神病とは如何なるものぞ」(「変態心理」15(3))、「臨場苦悶」(「神経学雑誌」26(1))、「ヒステリーに就いて」(「婦人の国」1(1))、「相対原理と料理の話」(「料理の友」)、「神経質とはどんなものか」(連載)(「サンデー毎日」4(9)〜4(11))、「神経質の療法」(共著)(「サンデー毎日」)、「不眠は如何にして治すべきか」(「婦人の国」1(2))、「女の頭痛持ち」(「婦人の国」1(4))、「神経質の本態及療法」(「呉先生記念論文集」)、「神経衰弱法の診断及治療」(連載)(「日本医事新報」)、「精神病者看護法」(「みどりの友」)、「新婚旅行は家庭生活の第一歩を誤る」(「主婦の友」9(7))、「生の欲望と死の恐怖」(連載)(「変態心理」15(4).15(5))、「神経質に対する余の特殊療法成績」(連載)(「日本之医界」15(39).15(40).15(43))、「強迫観念症の治療」(「治療新報」24)、「神経衰弱恐るるに足らず」(「実業の日本」)、「神経質の本態」(連載)(「実業の日本」29(7))、「職業と神経衰弱」(「実業の日本」29(10))、「精神病の遺伝」(「主婦の友」)、「神懸かり狐憑き」(「科学」)、「臨場苦悶」(「神経学雑誌」)
1926 大正15
52
肋膜炎で2か月病臥 (図)「神経衰弱及強迫観念の根治法」(実業之日本社)
(論)「強迫観念」(「実業之日本」30(2))、「夫婦和合の相性とその選び方」(「主婦の友」10(5))、「夏の神経衰弱症」(共著)(「婦人世界」21(5))、「新婚旅行は不必要」(「主婦の友」)、「十九の厄年と女の危険期」(「婦人世界」21(9))、「安藤亮精神状態鑑定書 松島事件」
1927 昭和2
53
倉田百三の強迫観念を診察。フロイト説をめぐって丸井清泰との討論が恒例になる (論)「精神的方面ヨリ見タルリズム」(講演・於岩村舞踊会)、「余が神経質療法に成功するまで」(実業之日本」31(3))、「変質者ノ分類ニ就テ」(「神経学雑誌」28(6))、「赤面恐怖症の療法」(「実業之日本」31(6))、「北岡文兵衛精神状態鑑定書」(連載)(「脳」1(11)〜2(5))、「精神療法批判 西岡藤兵衛の精神鑑定 」(連載)(「脳」1(11)〜2(5))
1928 昭和3
54
長谷川医師、古閑医師が自宅で正馬と交代で診療にあたるようになる (図)「神経質の本態及療法」(吐鳳堂)、「迷信と妄想」(実業之日本社)<概要本文
(論)「雑念妄想を除去する法」(「実業之日本」32(10))
1929 昭和4
55
根岸病院医長を辞職、顧問となる。第1回形外会開催される。 (論)「自己の臆病を大胆にする法」(「実業之日本」)、「松本銀蔵 濫費者(変質性人格)の鑑定例」(「脳」3(3))、「新夫婦和合の秘訣」(「主婦之友」13)、「夫の気心を知る事」(「主婦之友」13(5))、「定期性疲労状態ニ就テ」(「成医会臨床」1(1))、「精神的方面より見たるリズム」(「健康の女性」)、「書痙ニ就テ」(「診療」)、「医術二関スル迷信」(「科学医報」)、「年末年始の感想」(「生活改善」)、「勉強の仕方」(「健康の女性」)
1930 昭和5
56
森田療法研究会発足し、機関誌月刊「神経質」を主宰発行。一子正一郎死去 (論)「医術二関スル迷信」(「科学医報」)、「,『神経質』発刊の趣旨」(「神経質」1(1))、「須らく捉われから脱せよ」(「診療」2(1))、「人生観の種々相」(「健康の女性」),、「入院患者の日記」(連載)(「神経質」1(3).1(4).1(5))、「ある年の初冬の一日の事」(「神経質」1(5))、「巻頭言」(「神経質」1(5))、「神経衰弱の話」(「婦女界」41(6))、「夏の疲労を手軽に回復する法」(「実業之日本」)、「形外会 第1回 昭和4年12月1日」(「神経質」1(2))、「形外会 第2回 昭和5年1月19日」(「神経質」1(2))、「形外会 第3回 昭和5年2月26日」(「神経質」1(4))、「形外会 第4回 昭和5年4月20日」(「神経質」1(5))、「松本銀蔵濫費者(変質性人格)の精神鑑定例」(「脳」3(3))、「形外会 第5回 大観音寺横丁の集会 昭和5年5月4日(「神経質」1(6))、「小便患者の日記」(「神経質」1(7).1(8))、「形外会 第6回 神経質全治者の座談会 昭和5年6月1日」(「神経質」1(8).1(9.10))、「エロ行為の自責」(「神経質」1(9).1(10))、「子に対する愛を失った悩み」(「神経質」1(9.10))、「愛児を亡ふの記」(「健康時代」1(12))、「強迫観念と其療法」(「診療」)
1931 昭和6
57
土佐協会評議員。日本精神衛生協会評議員。喘息に苦しむ (論)「対人恐怖で治癒困難なるものの例」(「神経質」2(1))、「病気でなくて仕合わせです」(「神経質」2(3))、「形外会 第8回 昭和5年12月7日」(「神経質」2(3).2(4))、「耳鳴の解決」(「神経質」2(3))、「治り難くとも、つまりは治る赤面恐怖の例」(「神経質」2(3))、「疑ひながらも先づ実行して下さい」(「神経質」2(4))、「思ひがけなく完全に治った重症の対人恐怖」(「神経質」2(4).2(5).2(6))、「強迫観念と其療法」(「健康時代」2(4))、「内気を治す法」(「健康時代」2(8))、「人生と煩悶解決」(「健康時代」2(8))、「形外会 第9回 昭和6年1月18日」(「神経質」2(5))、「形外会 第10回 昭和6年2月22日」(「神経質」2(6))、「形外会 第11回 昭和6年4月6日」(「神経質」2(7))、「形外会 第12回 昭和6年5月24日」(「神経質」2(8))、「形外会 第13回 東村山貯水池へのピクニック」(「神経質」2(8))、「形外会 第14回 昭和6年7月5日」(「神経質2(9).2(10)」、「人生と煩悶解決」(「健康時代」2(8))、「京都三省会・座談会 昭和6年10月31日」(「神経質」2(10))、「赤面恐怖と其療法」(「応用心理」1(9))、「小児の神経質」(「臨床医学」19(2))、「所謂神経質患者」(「実験医報」)
1932 昭和7
58
森田診療研究所新築落成。熱海の伊勢屋を買い取り、森田旅館とする。土佐医学会会長となる (図)「神経衰弱の話」(内務省衛生局)
(新)「いつも頭痛で困る 解答 森田正馬」(「朝日」1932.6.22)
(論)「医学から見たテロリスト」(「大衆科学」)、「形外会 第15回 昭和6年10月4日」(「神経質」3(1))、「私の楽しみ」(「日本医事新報」491)、「自らヒステリーと思ふ人はヒステリーではない」(「神経質」3(2).3(3))、「形外会 第16回 湯河原旅行」(「神経質」3(2))、「神経質に就て」(「治療及処方」13(1))、「勉学か通信療法か悩みて」(「神経質」3(3))、「強迫観念・祈念恐怖」(「神経質」3(2).3(3))、「形外会 第17回 昭和6年12月13日」(「神経質」3(3))、「読書恐怖・雑念恐怖」(「神経質」3(3))、「独りで悩む数々の神経質に就て」(「神経質」3(4))、「形外会 第18回 昭和7年1月16日」(「神経質」3(4))、「慢性神経衰弱はこうして治せ」(「実業之日本」35(7))、「気の小さい友人を救ってください」(「実業之日本」)、「或女に対して恥ずかしい男 対人恐怖」(「神経質」3(4))、「入院患者の日記から」(「神経質」3(5))、「強迫観念の原因と其根治法」(「実業之日本」35(9))、「ヒステリーの型と療法を聞く」(「婦人公論」17(5))、「形外会 第19回 昭和7年3月5日」(「神経質」3(5)..3(6))、「強迫観念の種々相と其根治法」(「健康時代」3(6))、「極度に昂じた不潔恐怖及び過度の取越苦労を治すには」(「神経質」3(6))、「強迫観念の再発に鑑みて」(「神経質」3(6))、「結核患者も活動に堪へる 入院日記」(「神経質」3(6))、「形外会 第20回 昭和7年4月10日」(「神経質」3(7))、「眼つきの鋭くなるのが気になり出した動機からお話して」(「神経質」3(7))、「形外会 第21回 昭和7年5月15日」(「神経質」3(8))、「嘗ては飼猫を毒殺しての怨みを恐れ、今は佐藤先生の『漱石の考察』に択らわれて」(「神経質」3(8))、「心中今昔談」(「健康の友」9(9))、「縁起恐怖患者の診察」(「神経質」3(9))、「形外会 第22回 昭和7年6月12日」(「神経質」3(9))、「形外会 第23回 熱海旅行 昭和7年7月9日」(「神経質」3(10)))、「再び猫の恐怖と信仰について」(「神経質」3(11))、「体臭恐怖患者の日記」(「神経質」3(11))、「リズムと精神修養 1〜2」(「女性美」)、「形外会 第24回 昭和7年8月14日」(「神経質」3(11))、「形外会 第25回 昭和7年9月18日」(「神経質」3(12).4(1))、「自分で作り上げる神経衰弱患者」(共著)(「健康倶楽部」)
1933 昭和8
59
「神経質の本態及療法」独逸語訳なる。藤村トヨより井の頭女学校顧問を委嘱される (論)「神衰患者の強健法」(「実業之日本」)、「神経衰弱の種々相と治療」(「通俗医学」)、「神衰に良い食物と悪い食物」(「実業之日本」)、「呉先生の思い出」(「呉秀三小伝」)、「リズムと精神修養 3」(「女性美」)、「計算恐怖かと思ひて」(「神経質」4(1))、「重き不眠症」(「神経質」4(1))、「形外会 第26回 昭和7年10月16日」(「神経質」4(2))、「形外会多摩御陵・高尾山ピクニック」(「神経質」4(3))、「入江君の『神経質に対する一つの見方』を評す」(「神経質」4(4))、「形外会 第28回 昭和7年12月11日」(「神経質」4(4).4(5))、「形外会 第29回 新年会 昭和8年1月28日」(「神経質」4(6))、「形外会 第30回 昭和8年2月18日」(「神経質」4(7))、「一人娘の顔のキズが気になって困る」(「神経質」4(8))、「形外会 第31回 昭和8年3月18日」(「神経質」4(8).4(9))、「三省会 第6回例会」(「神経質」4(9))、「形外会 第32回 昭和8年4月29日」(「神経質」4(10))、「金光教祖の迷信」(「寸鉄」)、「小児のヒステリー」(「親のため」)、「神経質の療法」(「成医会雑誌」53(12))、「形外会 第33回 昭和8年5月28日」(「神経質」4(12))、「形外会 第34回 昭和8年6月10日」(「神経質」4(12))
1934 昭和9
60
根岸病院医局員ら招き、還暦祝賀会開く (図)「生の欲望」(人文書院)
(論)「形外会 第35回 昭和8年7月2日」(「神経質」5(1))、「形外会 第36回 昭和8年8月8日」(「神経質」5(2))、「強迫観念者の診察」(「神経質」5(3))、「形外会 第37回 秋季大会・高島平三郎先生にお話を聴く会と余興大会 昭和7年10月16日」(「神経質」5(3))、「形外会 第38回 奥多摩ピクニック 昭和8年10月22日」(「神経質」5(4))、「形外会 第39回 森田先生謝恩会 昭和8年1月19日」(「神経質」5(4))、「形外会 第40回 昭和8年12月17日」(「神経質」5(5))、「強迫観念の通信療法」(「神経質」5(5))、「対人恐怖」(「神経質」5(5))、「愉快に勉強ができない、人と仲良くなれない」(「神経質」5(6))、「形外会 第41回 昭和9年2月18日」(「神経質」5(6))、「中学課程を修得したい」(「神経質」5(6))、「私の悩みは何を悩めばよいか」(「神経質」5(6))、「強迫観念患者の診察」(「神経質」5(6))、「強迫観念の本態 紙・革類恐怖・臨床講義」(「神経質」5(7))、「形外会 第42回 昭和9年3月25日」(「神経質」5(7).5(8))、「眩暈・頭痛に悩み自殺を企てた事もある」(「神経質」5(8))、「気の小さい友人を救ってください」(「神経質」5(8))、「縁起恐怖の患者」(「神経質」5(9))、「形外会 第43回 昭和9年4月22日」(「神経質」5(9))、「甲府一托会の記」(「神経質」5(10))、「ばいきんが恐ろしい」(「神経質」5(10))、「異性に対して恥ずかしい。種々の療法も効果がない」(「神経質」5(11))、「形外会 第44回 豊島園ピクニック 昭和9年5月20日」(「神経質」5(11))、「精神の外向と内向と不管性」(「神経質」5(11))、「形外会 第45回 昭和9年6月24日」(「神経質」5(11))、「強迫観念の成因」(「神経学雑誌」37(11))、「宗教界に行はるる治療術の批判」(「通俗医学」1934.11)、「霊魂はあるかないか」(「科学画報」23(5))、「森田正馬先生に物を訊く」(「科学画報」23(5))、「強迫観念の成因」(「神経学雑誌」)、「意志薄弱素質の上に起こる強迫行為に就て」(「大阪医事新報」1934.12)
1935 昭和10
61
熱海で喀血、病臥静養。妻久亥急逝 (図)「神経質療法への道」(神経質研究会)、「赤面恐怖の療法」(人文書院)、「亡児の思い出」(神経質研究会」)
(論)「名古屋形外会座談会」(「神経質」6(1))、「左翼にかぶれ人には親しめない」(「神経質」6(1))、「医者の撰び方」(「神経質」6(2))、「偶然の思ひつき」(「神経質」6(2))、「形外会 第46回 昭和9年7月15日」(「神経質」6(2))、「商人根性」(「神経質」6(3))、「発揚性気質者の手記」(「神経質」6(3))、「神経衰弱と精神修養」(「神経質」6(3))、「ハンドバッグ」(「神経質」6(4))、「形外会 第47回 昭和9年7月15日」(「神経質」6(4))、「日々是好日」(「神経質」6(4))、「巻頭言」(「神経質」6(5))、「強迫観念症(脳溢血恐怖) 臨床講義」(「神経質」6(5))、「形外高知支部座談会」(「神経質」6(6))、「巻頭言」(「神経質」6(6))、「卒倒恐怖 臨床講義」(「神経質」6(6))、「稚気・無邪気なる少年血盟団」(「神経質」6(7))、「親友に疎外される事が気になるが、どうすればよいか」(「神経質」6(7))、「『日々可もなし不可もなし』といふ人に対して」(「神経質」6(7))、「近代人と神経衰弱」(「神経質」6(7),6(8),6(9))、「社会の風潮」(「神経質」6(8))、「自然に服従し境遇に従順なれ」(「神経質」6(8))、「幽霊屋敷の探検」(「神経質」6(8))、「人に愛せられよ、憎まれるな」(「神経質」6(9))、「病中」(「神経質」6(9))、「自分が自分でない」(「神経質」6(9))、「人間に、何が卑しむべきか」(「神経質」6(10))、「眞知識の発動」(「神経質」6(10))、「胸が苦しい」(「神経質」6(10))、「生死」(「神経質」6(11))、「夢の解釈とフロイト評」(「神経質」6(11))、「空想を止めたい」(「神経質」6(11))
1936 昭和11
62
熱海森田館増築完成 (図)「健康と変質と精神異常」(人文書院)
(論)「宗教に対する迷信」(「科学ペン」1(2))、「倉田百三の悩みたる強迫観念の心理的解説」(「東西医学」3(12))、「特に主観的症状に対する診断上の注意」(「成医会雑誌」55(12)、「臨床の日本」5)、「自欺」(「神経質」7(1))、「疑問が多く悩む」(「神経質」7(1))、「所感」(「神経質」7(1))、「自省」(「神経質」7(1))、「保守と軽薄」(「神経質」7(2))、「自分を強く主張できない」(「神経質」7(2))、「人生の活動」(「神経質」7(3))、「形外会 第53回 昭和10年10月6日」(「神経質」7(3),7(4))、「自耻」(「神経質」7(4))、「国文に句読をつけること」(「神経質」7(4))、「かるはづみは誰か」(「神経質」7(5))、「良心」(「神経質」7(5))、「沃度注射」(「神経質」7(5))、「欠点を理解するといふ事」(「神経質」7(6))、「不潔恐怖に捉はれて」(「神経質」7(6))、「敬意の表現」(「神経質」7(6))、「メートル法反対」(「神経質」7(7))、「武士道の廉耻」(「神経質」7(7))、「形外会 第55回 昭和11年3月29日」(「神経質」7(9),7(10))、「避暑の弁」(「神経質」7(8))、「二度ある事は三度ある」(「神経質」7(8))、「余が日常生活に於ける種々の時間」(「神経質」7(8))、「子供を恐れる心持ち」(「神経質」7(9))、「母を恨む心」(「神経質」7(9))、「心悸亢進発作の患者に與ふ」(「神経質」7(9))、「将来の恐怖」(「神経質」7(9)」、「神経質患者のために」(「神経質」7(10)」)、「読書恐怖・赤面恐怖・其他」(「神経質」7(10))、「頭痛・疲労・其他」(「神経質」7(11))、「形外会 第56回 昭和11年4月26日」(「神経質」7(11),7(12),8(1))、「煩悩恐怖 臨床講義」(「神経質」7(12))、「数多くの症状に悩む」(「神経質」7(12))
1937 昭和12
63
藤村女子体育研究会名誉顧問となる。慈恵医大名誉教授となる。赤痢を病む (図)「久亥の思い出」(神経質研究会)、「神経質療法への道 第2篇」(神経質研究会)、「神経質療法への道 第3篇」(神経質研究会)
(論)「発作性心臓急縛症の治療方針」(「臨床医学」25(12))、「悟りの心境とはこんなものではあるまいか」(「科学ペン」2(3))、「今にも気が狂ふかと」(「神経質」8(1))、「無題」(「神経質」8(1))、「宗教と迷信 正信と煩悩」(「神経質」8(1))、「形外会 第57回 昭和11年5月24日」(「神経質」8(2・3))、「決断」(「神経質」8(4))、「奇妙な病気」(「神経質」8(4))、「新聞種から」(「神経質」8(4))、「強弱」(「神経質」8(5)」)、「形外会 第58回 昭和11年6月27日」(「神経質」8(5))、「克己」(「神経質」8(6))、「胸苦しい感じを治すには」(「神経質」8(6))、「形外会 第59回 昭和11年7月26日」(「神経質」8(6))、「悟り」(「神経質」8(7))、「形外会 第60回 昭和11年8月30日」(「神経質」8(7))、「実際と屁理屈」(「神経質」8(8))、「年賀しらべ」(「神経質」8(8))、「形外会 第61回 昭和11年9月26日」(「神経質」8(8))、「言葉と服装は人格の表現である」(「神経質」8(9))、「形外会 第62回 昭和11年10月16日」(「神経質」8(9))、「形外会 第63回 昭和11年11月15日」(「神経質」8(10))、「耳が遠くて遠くない人」(「神経質」8(11))、「形外会 第64回」(「神経質」8(11))、「心に浮かぶ事を言ひはしまいかと悩む」(「神経質」8(12))、「形外会 第65回 昭和12年3月21日」(「神経質」8(12))
1938 昭和13
64
母亀女死去。日本神経学会宿題報告「神経質の問題」を高良武久が代行講演。肺炎にて自宅で死去 (論)「形外会 第66回 昭和12年4月25日」(「神経質」9(1))、「悟りの心境」(「神経質」9(1))、「不潔恐怖・日誌抄」(「神経質」9(1))、「マルクス説と邪教」(「神経質」9(2))、「日本の家庭的美風と西洋の個人主義」(「神経質」9(3))、「誠実」(「神経質」9(3))、「違ふ条件でも心構へは同じか」(「神経質」9(3))、「奇妙な読物に就ての疑ひ」(「神経質」9(3))、「巻頭言」(「神経質」9(4))、「様々の疑問に悩む」(「神経質」9(4))、「菓子を呪ふの記」(「神経質」9(4))、「過去の不徳に苦しむ」(「神経質」9(4))
1939 昭和14
(論)「貴賤・尊卑・貧富の懸隔」(「神経質」10(2))、「唯心論といふ事に就て」(「神経質」10(3))、「滑稽」(「神経質」10(6))、「教育」(「神経質」10(8))
1940 昭和15
(論)「精神薄弱」(「神経質」11(1))、「妄想」(「神経質」11(5))
1953 昭和28
(図)「神経衰弱と強迫観念の根治法」(白揚社)、「赤面恐怖の治し方」(白揚社)
1956 昭和31
(図)「生の欲望 神経質な人に贈る生き方のヒント」(白揚社)、「恋愛の心理」(白揚社)
1959 昭和34
(図)「自覚と悟りへの道 ノイローゼに悩む人々のために」(白揚社)
1960 昭和35
(図)「神経質問答 新しい生き甲斐の発見」(白揚社)、「神経質の本態と療法 精神生活の開眼」(白揚社)
1974 昭和49
(図)「森田正馬全集 1 森田療法理論・総論1」(白揚社)、「森田正馬全集 2 森田療法理論・総論2」(白揚社)、「森田正馬全集 3 森田療法理論・総論3・各論」(白揚社)、「森田正馬全集 4 外来指導・日記指導・通信指導」(白揚社)
1975 昭和50
(図)「森田正馬全集 5 集団指導」(白揚社)、「森田正馬全集 6 医学評論・精神医学」(白揚社)、「森田正馬全集 7 神経質者のための人生教訓・他」(白揚社)
1978 昭和53
(図)「神経質の本態及び療法 (精神医学古典叢書 8)」(創造出版)
1983 昭和58
(図)「迷信と妄想」(白揚社)、「精神療法講義」(白揚社)
1995 平成7
(図)「神経衰弱と強迫観念の根治法 ノイローゼ克服への必読の原典 (森田療法シリーズ)」(白揚社)
1997 平成9
(図)「神経質の本態と療法 精神生活の開眼 (森田療法シリーズ)」(白揚社)、「自覚と悟りへの道 ノイローゼに悩む人々のために (森田療法シリーズ)」(白揚社)
1998 平成10
(図)「恋愛の心理 神経質を人生に生かす (森田療法シリーズ)」(白揚社),、「対人恐怖の治し方 新装 (森田療法シリーズ)」(白揚社)
1999 平成11
(図)「生の欲望 神経質な人に贈る生き方のヒント (森田療法シリーズ)」(白揚社)
2004 平成16
(図)「神経質の本態と療法  森田療法を理解する必読の原典 新版」(白揚社)
2007 平成19 (図)「自覚と悟りへの道 神経質に悩む人のために 新版」(白揚社) 
2008 平成20
(図)「神経衰弱と強迫観念の根治法 森田療法を理解するための必読の原典 新版」(白揚社)
2012 平成24 (図)「神経質問答 自覚と悟りへの道2 新版」(白揚社)

参考文献:「森田正馬が語る森田療法」 岩田真理著 白揚社 2003

森田正馬評伝」 野村章恒著 白揚社 1974