コラム7   森田療法のセルフヘルプグループ

生活の発見会

 神経症に悩んでいる人たちが森田療法の基礎理論を学びあい、実践することで、自力で悩みを克服していくことを目的として設立された団体。森田正馬の指導により神経症を克服した水谷啓二氏が自宅に「啓心会」を創設し、神経質者の例会を開いたのが、その先駆となります。1970年に水谷啓二氏の没後、長谷川洋三氏、斉藤光人氏が中心となり、集団運営による相互学習団体として再出発しています。平成17年6月にNPO法人の認証を受けました。現在は約3000名の会員がおり、全国で約150か所で会合(集談会)が開かれています。会の活動には次のようなものがあります。

 (1)地区集談会・懇談会

 もよりの地域に住む会員の集まり、月に1回、森田理論の学習を中心とする会合が自主的に開かれています。集談会では先輩会員による森田理論の講話や体験発表、参加者による体験交流などを行っています。

 (2)「相談室」活動

 自分の悩みを個人的にきいてほしい、という人のために開設、ベテラン会員がアドバイスに応じています。本部事務局でメール、電話、手紙による相談も扱っています。

 (3)機関誌「生活の発見」の発行

 会員には毎月1回機関誌「生活の発見」が送付されます。神経症を克服した人の体験談や森田療法に関する参考になる記事、情報などが掲載されています。

 (4)学習会活動

 会員を対象に、森田理論をより集中的・系統的に学ぶ基準型学習会、合宿学習会、一日または一泊学習会なども活発に開催されています。生活の発見会では独自の学習プログラムを持っていますが、それについてはコラム10で紹介します。

○生活の発見会 連絡先

〒130-0001 東京都墨田区吾妻橋2-19-4 リバーあみ清ビル2F

電話03−6661-3880 FAX03-3621-8555 E-MAIL arugamama@hakkenkai.jp

ホームページ http://www.hakkenkai.jp/

メンタルヘルス岡本記念財団

 当時、大手スーパー「ニチイ」(現マイカル)の副社長で、自ら悩んだ胃腸神経症を森田療法で克服した岡本常男氏が私財を投じてこの治療法の普及、研究のために設立した財団法人。昭和63年7月に厚生省から正式に認可を受けています。現在、行っている主な活動には次のようなものがあります。

 (1)研究・助成事業

 神経症と精神療法に関する活動が対象。応募申請をもとに選考委員会で審査が行われ、交付されることになります。助成先は研究者またはそのグループが多くなっています。

 (2)セミナーの開催

 全国各地で開催されている専門職向けのセミナー。森田療法の基本について体系的に学びます。市民対象のセミナーもあります。

 (3)インターネットホームページ上の情報提供

 森田療法関係のホームページは多数開設されていますが、私の知る限りではこの財団のものが最も充実しています。神経症や森田療法に関する一般的な解説。悩みをもった人たちからの相談への回答、体験交流のページ、医療機関やセルフヘルプグループ に関する情報提供とリンク集など内容は多彩なものになっています。

 (4)メンタルヘルス図書室の開設

 財団事務局の隣室にあります。詳細についてはこちらをご覧ください。

○メンタルヘルス岡本記念財団 連絡先

〒541-0056 大阪市北区曾根崎2−5−10 梅田パシィックビル7F

電話 06-6809-1211 FAX 06-6809-1233  E-MAIL nobu@mental-health.org

ホームページ http://mental-health.org/

前へ   次へ